アップルのマップ機能がグーグルマップを超える?

以前私はグーグルマップの便利さについて書きました。
カーナビ代わりに使っています。
渋滞回避の機能とかはついていないものの、サクサク動きますし、普通に使えます。

マップ検索もグーグルと連動しているのもまたいいのです。
自分は持っているナビを手放しました。
そのくらい便利なのです。

有料のナビもありますがやはりグーグルの方が使いやすいのですよね。
たまに左しか道がないのに左折ですという案内が入るときは笑えますが古いナビを使うよりずっといいです。
それくらい使えるってことです。

さて本題ですがiPhoneにはデフォルトでマップ機能がついています。
知人から使い物にならないと聞いて実際試してみたのですがほんとに使えません。
話にならないレベルなのです。

途中で固まったり落ちたりします。
確かに使い物になりませんでした。
Siriと連動はしているところまではいいのですけどね。

そのマップですがiOS9では、インドアマップが搭載されるそうです。
インドアマップとはなんぞや?
施設内のマップのことです。

要するに駅構内や大型商業施設のマップです。
乗り換え案内とも連動して家から駅までそして駅から降りて改札から出口も案内をしてくれるということです。
もっとも、グーグルではインドアマップの機能はすでにあります。

すでにアップルは撮影ロボットを使って情報収集をしているようです。
もっともアップデートされるのは来年。
グーグルマップを超えるか期待されています。

しかし、やはり固まったり落ちたりする不具合を解消しない限りは超えるのは難しいと思います。
でも自分は一度使ってみます。