モバイルフレンドリーについて続報

先週にモバイルフレンドリーについて記事を書きました。
今週に入って新たなことがわかりました。
ということで続報です。

内容的には先週とかぶる部分がありますのでご了承ください。
先週のをまとめるとモバイル対応しているサイトが検索エンジンで有利になるということでした。
有利になるのはモバイル検索だけでPCの順位は変わらないと見ております。

今週わかったことを挙げます。

まず一番効果的なのはモバイル専用サイトに作り変えること。
もしくはレスポンシブウェブデザインに作り変えること。
ただ、この2点は時間が掛かりますね。

まだ4月21日にそのシステムを導入するとは限らないですが今すぐ作り変えるというのはむずかしいし
コスト面もありますよね。
応急処置というのもできます。

例えば、文字を大きくしてみえやすくする。
フラッシュバナーを撤去する。
それだけでもしておくと違うかもしれません。

ただ、あせってはいけません。
対策していないサイトは順位は下がるようですが検索結果から消すということはしないようです。
それにモバイル対応していても他が原因で順位が下がる場合があります。

そういったケースだとPCの方の順位も下がります。
これに関しては別途。
これからどうすればいいか?

4月21日になってみないと検索変動具合はわかりません。
変動がない場合もあれば、突然がらっと変わることもあります。
徐々に変化する可能性も

なお、過去にガラケー向けにサイトを制作している方はそれをスマートフォン向けに変えるだけでも十分です。
文字サイズを小さく設定している方は大きく作り変えましょう。
スマホ向けサイトリニューアルをお考えの方はお問い合わせください。