モバイルフレンドリー途中経過

4月21日にグーグルがモバイルフレンドリーアップデートを行いました。
スマートフォンでもきちんと見られるサイトを優先するというものでした。
業界では大きな順位変動が見られると言われておりましたが果たして結果は・・・・・

結論から申し上げますとそれほど大きな変動はありませんでした。
当方が運営しているサイトも全体的には順位が上昇はしました。
ですが、劇的に上がったというわけでもなかったです。

検索結果を見てみますとモバイルフレンドリー対策を行っていないのに1位でいるサイトもあったりします。
ちょっと大げさに騒ぎすぎた感はありますね。
多少想定はしておりましたが予想以上でした。

どうしてそれほどの変動がなかったはいくつか考えられます。
大きい理由はまずは、PCでの対策が基本でそれを行っていなければ大きな順位変動はないということになります。
スマホで検索しても基本はPCでの検索結果なのです。

要するに、モバイルフレンドリーというのは有効な要素のひとつに過ぎないということですね。
PCでは順位が拮抗しているサイト同士でPCではモバイル対策をやってないサイトAが10位。
やっているサイトが11位だとします。

スマホで検索すると順位が逆転する。
しかし、順位が離れている場合は、逆転はない。
そういうことになりますね。

もっともグーグルの方はどんどん改良していくと思います。
対策をやっていないサイトは順位を次のアップデートで大きく落とされる可能性はあります。
先ほどグーグルからアナウンスがあってアップデートは完了しているようです。

順位変動があるなし関係なしにスマートフォン対策はしたほうがいいですね
見る側にとっては対策をしていないサイトはすぐに離脱します。
引き続き経過を見ていきたいと思います。