情報量の多いサイトデザイン

ホームページのボリュームは企業や目的によって異なります。
目的がはっきりしているサイト、もしくは規模の小さなサイトは目に付くデザインが必要です。
しかし、ニュースサイトや多くの商品を扱っている場合は考えないといけません。

情報量の多いサイトは、どれだけ長く留まってもらうか、より多くのページ数を見てもらうかがポイントです。
なのでトップページはナビゲーション的役割です。
そこから多くのページへ行けるようにします。

テキストベースのページが好ましいですね。
ナビゲーションとなるわけですからカテゴリ毎にわけましょう。
派手なデザインよりもシンプルな方が好ましいということです。

やってはいけないのは、動画や大きい写真のメニューを入れること。
もし、一押し商品がある場合はかまいません。
情報サイトの場合はいりません

逆に敬遠をしてしまいます。
それにそれだけページが重くなってしまいます。
多くの情報を見てもらいたい情報サイトには向いていません。

多くの支店や店舗を持つサイトもそうですね。
より多くのお客さんが各店舗に足を運んでもらうように考慮しないといけません。
それも情報サイトといえます。

まとめると、見てもらいたいページが多いサイトは、シンプルなデザインを心がける。
ページを項目別に分ける「事業内容」「店舗情報」「サービス情報」「ニュース」など
項目別に分けてトップページにメニューとして配置する。

メニューも画像リンクは需要なコンテンツだけにしてシンプルなのにする
以上のデザインが情報サイトには好ましいです。