グーグルが質問に答えてくれる

検索エンジンはシャアがもっとも多いGoogle。
みなさんはどれくらい利用していますか?
自分は断然Googleです。

外出中も場所とか調べるときは使います。
音声検索は便利ですね。
Googleマップを使って「近くのラーメン屋」といえば周辺のラーメン屋が出てそのままナビしてもらえます。

ヤフーもユーザーは多いのです。
検索の基本的な機能はグーグルのを使っています。
だけど自分はニュースを閲覧するくらいですね。

そんな便利がグーグルに新たな機能が追加されました。
それは、質問に答えてくれる機能です。
今までって知りたい情報は検索して情報が詳しいサイトを巡回していたと思います。

だいたい参考にするのはウィキペディアが多いかもしれません。
長すぎて読む気になれない。
そういうもどかしさもあるでしょう。

この機能によって簡単な説明が出るようになったのです。
これで「クマムシ」を例に出してみましょう。
あったかいだからぁのクマムシですね。

自分はiTunesでダウンロードしましたよ。
クマムシを知らないと仮定しましてクマムシクマムシって流行しているようだけどなんだろ?
そこでグーグルでクマムシとは?で検索します。

そうするとクマムシに関する説明が出ます。
お笑いコンビについては、クマムシ(お笑いコンビ)」をご覧くださいと書いた後に、虫に関する説明です。
ここではウィキペディアに関するページのようです。

kuma2

そして今度はこれで検索しました。
「あったかいんだから~とは?」
そうすると、クマムシ(お笑いコンビ)のネタの一つである「アイドルソング漫才」の中のフレーズという説明から入って二人のやりとりまで説明してあります。

kuma3

情報元はニコニコ動画みたいですね。
ワードによって情報元が違うみたいです。
ちなみにラッスンゴレライとは?とやると普通の検索結果でした^^

メジャーなワードと認識されていないとだめみたいですね。
あとは「って?」と打つと出ませんね。
「とは?」で統一をしているようです。

あとは、ちょっとワードが違うと出ませんのでそこらへんは改善の余地はありそうですね。
今後に期待です。