ネットバンクの不正送金急増

ネットバンクというとインターネットで送金をできる便利なものです。
私も利用しております。
大手銀行も導入をしていますね。

ところが最近はネットバンクで不正送金されるトラブルが増えております。
特に個人口座の被害が多いようです。
過去にはジャパンネット銀行や、イーバンクでもありました。

最近は大手銀行や、地方銀行でも被害が出ているようです。
その被害額は2014年では、29億円。
前年の2倍で過去最高の被害額です。

被害件数をみると12年が64件で、13年が1315件、そして14年には1876件。
特に14年が1件の被害額が多く、13年が平均で107万円で14年が約155万円です。
一体どういう手口なのか?

どうやらウイルスに感染をさせてIDとパスワードを盗むそうです。
自分もウイルスらしきメールが来ましたので手口を公開します。
まずは、銀行の名前でメールが来ます。

私のところに届いたのは件名がメールアドレスの確認。
メッセージが最近利用者のIDと、パスワードが盗まれるケースが多発しております。
お客様のアカウントの安全性を保つためにシステムをグレートアップしました。

ただちに登録してください
そして登録画面へのアドレスから誘導させます。
その誘導ページでは利用しているネットバンクにそっくりな画面が出てIDとパスワードを入力する欄があって登録するとウイルスに感染して不正利用されます。

アドレスをクリックしなければいいという意見もありますが下手にしないほうがいいですね。
被害を防ぐにはどうしたらいいか?
ウイルス対策ソフトを入れるのはもちろんですが

本音を言うとそれだけじゃ不足です。
ウイルスというのは日々進化しており、対策が追いついていない場合があります。
一番いいのは無視をして削除すること。

どうしてもそれじゃ不安だという方は銀行に問い合わせることです。
ホームページにも注意喚起が載っています。
それでうそだとわかりますね。